GOTHIC METAL(ゴシックメタル)の館

 「ロック好きの行き着く先は…」にて連載されたゴシックメタルを纏めて…

■ Xandria - Ravenheart

Ravenheart  相変わらずゴシックメタル女性ボーカルバンドばかりを聴き漁っているんだが、あれこれ調べてみるとなかなか面白い事がわかってくる。やっぱり英国のアニー・ハスラム嬢のクリスタルボイスを配したRenaissanceが大元の元祖になっている系譜ってのが見えてくるらしい。それが大体25年経ってから出てくるってのが凄いんだけど、まぁ、その間にはAll About Eveというバンドを挟んで耽美的な繋ぎってことになるらしい。そこから90年代中期になってからヘヴィメタとプログレと女性ボーカル及び男女混成ボーカルってのが定着したみたいだね。故に自分がハマる理由もなんとなくわかる(笑)。その流れがヨーロッパ的耽美趣味、ゴシック趣味に相通じてヨーロッパ全土で流行のメタルサウンドになったらしい。自身のルーツに気付いたってことか。それで漁ってみるとやたら多いってことがわかったのだ…。ただどれもこれもってワケじゃなくってやっぱりそれはそれなりにレベルの高低があるんだけど、ほとんど国を代表するようなバンドばかりなので結構なレベルってのも事実だね。う〜ん、なるほどなぁ…、ってことで今回はドイツから。

 Xandria「Ravenheart

 2003年にドイツから登場したこのXandriaも女性ゴシックメタル系バンド、なんだけどあまりゴシック的な感じではなくってもっとポップな美しいサウンドを歪んだギターとオーケストラを中心に出した感じのバンド。リサ嬢の歌が少々弱い気がするんだけど、まぁ、その分バックの楽器も結構軽め…というのか聴きやすいサウンド作りになっていて、今までのドイツからのバンドらしいところとはちょっと異なる印象。この「Ravenheart」はセカンドアルバムで、所々のリフとか硬さはドイツだなぁと苦笑いするけど、割と好みのサウンドかも。バラード的な歌ではピアノとストリングスをバックに歌い上げているのでモロに70年代英国プログレの小曲的な感じでよろしい…。そういうところがハマるんだよね。音も綺麗だし。他の曲もハードだけど重くないってのが多分ホンモノゴシック好きのファンからは疎まれる点かもしれないけど初心者にはかなり聴きやすいので良い。…が、多分そのうち飽きる音だろうなぁ(笑)。

 このバンド、日本語だとキサンドリアなのかな?ザンドリア?キサンドリアだよな、ドイツ語読みだと(笑)。いや、ま、いいんだけど、このアルバムのジャケットに写る女性がリサ嬢で、赤毛のドイツっ娘って感じでまだ若いんじゃない?もっとも4年も前の作品だから今はそこそこのオンナになってることだろう(笑)。そういうのを楽しみにアルバムを追いかけるってのもなかなかいいモンでしょ。しかし赤毛のドイツ人って「ラン・ローラ・ラン」を思い出すな…。



■ Coronatus - Porta Obscura

Porta Obscura  アマゾンのオススメCDコーナーにはいつも惹かれてしまう。ああいうリンクを付けるのって結構大変だと思うんだよね。同じ傾向のモノを羅列していくってことだから、多分データベースでキーワード連携して探し出して表示するんだろうけど、そのDBってどうやってるんだろ?ユーザー傾向で勝手に構築されるんだろうか?それってあまりアテにならないだろうから、やっぱりある程度のDB作ってるんだろうな…。いやいや、そんな話はともかく、そのオススメリンクの所にはジャケットを見ただけで気になるアイテムってのが並ぶワケです。最近ではジャケに女性がゴシックに写っているとこれは聴かねば、って思ってしまうのでついついクリック…。

 そういえばこないだ出会ってファーストアルバム「Lux Noctis」を聴いたばかりのドイツのゴシックメタルバンド…っつうかシンフォニックメタルバンドって感じかねぇ…、のコロナタスっつうバンド。女性ボーカルが二人いて、一人がオペラティックな歌でもう一人が萌え系…っつうか普通(笑)。いや、この普通のボーカルの方がこのセカンドアルバム「Porta Obscura」ではメンバーチェンジしているらしく、普通のロック声から萌え系になったらしく、最初の曲からしてオペラティックな歌と萌え系が入り混じったコントラストを醸し出していて結構面白いじゃないか、と楽しんでみる。サウンド的にはホントに良くできたシンフォニックメタルでして、ちょっと速いのも入っているので、ゴシックメタルとはちょっと異なる気がする…。

 やっぱドイツなのかな、っていう感触はあるけど音的にはかなりナイトウィッシュ的なセンスと曲調が多いね。ただ、サビが弱くて全体的にメロディアスではあるけど肝心のサビがどれ?っていうくらいに流れていってしまうので勿体ない。歌声は悪くないし演奏も良いけど曲があと一歩、って感じ。でも多分期待している人って多いんじゃないだろうか。完璧じゃないからこそ面白いっつうか…。まだ二枚目のアルバムだし、次こそは、って思うもん(笑)。



■ Coronatus - Lux Noctis

Lux Noctis  女性の歌モノに対する興味ってのは自分でも思うのだが尽きないのか、はたまた飽きないのか、飽きてもまた違うのを欲するのか、まぁ、適当な周期で新しい音を聴くっつうのもあって、ここのところはまた女性歌モノに走ってる。ゴシックメタルっつうジャンルに拘ろうとは思ったけど聴いてみるまではわかんないし、聴いてみたら一応メモっておく意味も含めてブログにアップしておく方が良いかなってことでまとめて聴いているので今度も書いておこう。

 2007年リリースのCoronatusっつうドイツのバンドのファーストアルバム「Lux Noctis」。なんと女性ボーカルを二人配した6人編成のバンドで、一人はナイトウィッシュのターヤみたいにオペラティックな歌唱をするボーカルで、もう一人は普通にロック的に歌う女性ボーカルってことで、その対比がアルバム全編でも通されている。なかなか興味深い組み合わせなのでちょっと興味そそられたんだよね。んで聴いてみるとなるほど、他とは一線を画したバンドの個性が出ているなぁと。オープニングのイントロから始められるギターリフとかは結構盛り上がるし、結構好みのツボにハマるバンドです。2曲目「Silberlicht」はドイツの民謡的メロディーを用いながら起伏に富んだ楽曲をメタルで演奏していて結構面白い。ソングライティング的にはまだまだ未熟な部分が多いかなという気もするけど、ファーストアルバムってのはそんなもんでしょ。勢いはしっかりと伝わってくるので面白い。ま、意外性って面ではそれほど多くないけど、「My Rose Desire」っつう曲も面白い。かと思えば「Winter」って曲ではしっかりとアコースティックギターをで正に冬を表現してくれているし、結構期待できそうなバンド。

 こういうバンドってここからどうやって個性を出していくのかが難しくてね、音楽的にはドイツならではの方向ってのが一番良いと思うんだよな。女性ボーカル二人ってのも巧く使っていかないと意味ないだろうし、シンフォニックに展開して激しく起伏を持った楽曲ともなればなかなか…。ただし初期ナイトウィッシュとの違いはしっかり出さないといけない。やっぱゴシックの世界って難しいねぇ。ジャケットの絵はElisやLeave's Eyesと同じ人が手がけているようで、国が違っても狙いは同じってトコか。ちょっと面白いので聴いてみてもよいかも。