GOTHIC METAL(ゴシックメタル)の館

 「ロック好きの行き着く先は…」にて連載されたゴシックメタルを纏めて…

■ Forever Slave - Tales for Bad Girls

Tales for Bad Girls  昔からアルバムっつうのはジャケットに左右されることも多いとは書いてきたことがあるんだけど、やっぱり今の時代でもそういう点が重要であってほしい、と思う。70年代の英国ロックが重宝されるのは音とジャケットのアートワークという二つの美術性が相互にイメージを補っていた産物として一般人を魅了したんだと思う。相互の関係が密接だった時期と言うのかな。アルバムのジャケットをひとつのアートワークとして捉え、ミュージシャンは自身の音を表現できるアートワークを冠して見て音をわかってもらおうとしていた、そんな時代だったんだね。それがCD時代になってからはどんなに素晴らしいアートワークでもさすがに迫力がなくなっていったのはやむを得ないとしても、このダウンロード音源時代になるとジャケットの価値やアートワークの価値そのものが問われてしまう。もちろん古くからのリスナーはジャケットありき、だけれど、最近のシングル志向のリスナーには一切概念がないだろう。そこから漏れてきたロックファンの中でもダウンロード世代になるとジャケットの大きさというのは多分、アマゾンの普通の画面のジャケットの大きさ=3センチくらいになってしまっているような気がする。そこでアルバムジャケットにコダワリを持てるバンドがどこまでいるか、ってな話になるだろうな…。

 2008年、ついこの間リリースされたスペインのゴシックメタルバンドと呼ばれる類のジャンルに属するフォーエヴァー・スレイヴというバンドのセカンドアルバム「Tales for Bad Girls」がこれだ。  「引き込まれる程に妖しく美しいアートワークじゃないか…。」  そう思いません?どうやらボーカルのアンジェリカ嬢が書いているらしいんだけどファーストアルバム「Alice's Inferno」も印象的なジャケットで凄く気になって聴きたくなったんだけど、今回のセカンドアルバム「Tales for Bad Girls」でもより一層中味の音を聴きたくなる、実にそそられるジャケット。何が言いたいとかじゃなくてソソられるんだよね。多分そういう人多いと思うけど、無機質なジャケットよりはこういう芸術的なジャケットを意識するバンドの方が総合的に芸術度が高いハズで、それは音世界にも表れてくるに違いないと思ってる。だから名作と呼ばれるアルバムにダサいジャケットは存在しないという定義も成り立つわけで、そういう意味では同じゴシックの世界ではWithin Temptationなんかもかなりこだわってるかな。まぁ、基本的にゴシックの世界はジャケットにこだわったシュールな世界を醸し出すことが好きな連中だから自分も好きな世界なんだろう、きっと。芸術肌を持つ集団の生み出す作品が好きなのかな。

 さてさて、そんなフォーエヴァー・スレイヴのセカンドアルバム「Tales for Bad Girls」なんだけど、ファーストはデス声もあったりもっと音圧的なところが狭かったり歌声にしてもちょっと詰まった感があったんだけど、本作「Tales for Bad Girls」ではそれらが排除されていて、特徴的でもあったスピード感をもったメタル的な楽曲が圧倒的にアルバムを覆っている。アンジェリカ嬢の歌も艶やかにアルバム全編を貫いているし、もちろん彼女の絵画のセンスに脱帽しているんだけどさ。一般的なメロディックなメタルサウンドに女性ボーカルが乗っているというバンドになっていて、なかなか可愛かっこよいっつうのかバンドの方向性に変化が見えてきたところか。どうやらバイオリンとギターがひとりづつ脱退していて、ベースも交代しているようなのでその分音世界にも変化が生じているのは当然か。バイオリンが抜けるってのは方向性を変えるしかないもんなぁ…。ファーストでは結構活躍していたので余計に、だけど。

 アルバムそのものもこれはストーリー立てているのかな?歌詞まで追いかけていないのでよくわかんないけど、そんな印象でさ。だってアルバムタイトルが「Tales for Bad Girls」ってことだから一連のお話が展開されているような気がするじゃん。いいよね、「悪女の物語」なんてさ(笑)。



■ Forever Slave - Alice's Inferno

Alice's Inferno  いわゆるゴシック系メタルというものの定義なのだが、最近なんとなくわかってきたことはデス声っつうものがあるかないか、ってことくらいなんじゃないかと。いや、個人的には女性ボーカルものしか聴かないのでデス声には興味はないのだが、いくつかの作品にはそういうのが入っているものもあってえらく邪魔クサイとしか思ってないのだが、コレもしょうがない。聴いていると全く美女と野獣と呼ぶしかないくらいなコントラストが売りになっているのだろう。そもそもが英国の美しきプログレッシブロックのバックをハードにしたらゴシックフィメールメタルバンドになるっつう感じで聴いていたので、やっぱり美しい旋律とかシンフォニーとかオーケストラとかがある荘厳なものを求めているのだが、こうしてあれこれと聴いてみるとなかなか見つからないもんなのだな。

 Forever Slave 「Alice's Inferno

 ジャケット…ゴシック系っつうかロリコンっつうか(笑)、まぁ、いわゆるゴシック系だろうなぁ、こういうのはやっぱ。ちょっと惹かれる部分もあるので気になったのでとりあえず聴いてみるか、と。何とスペインのバンドだったんだが、全くスペインらしくない…、そういうもんなんだよな、きっと。ただ、アルバム全体の音、特にドラムの音の処理が結構特徴的で何か詰まったような音の処理のされ方で抜ける音じゃないんだよね。そういうのも好みなんだろうけど、割と耳に付く特徴的な音。それともちろん綺麗な女性ボーカルの歌声で、何つうのか凄く浮游感があってメロディをしっかりと歌っている感じで、なかなかよろしい。アンジェリカ嬢と言うらしいのだが、別にバックがこんなにハードな音じゃなくても十分に通じるような気がするのだけどな。その分バックコーラスのデス声が邪魔で邪魔で、全くない方が良いと思うんだけどな。サウンドはかなりギターを中心としたヘヴィな音だったり早い曲もあったりして、それでも歌は独自路線で歌っているというアンバランスさが見事。歌声とバックの差が10kmくらいあるもんな(笑)。

 ここの所こういうの一杯聴いてて思うけど、ギターソロのパートだってないワケだから、ひたすら曲展開で持っていくしかないってのも大変だろうな。ギタリスト的楽しみもなくって女の子の歌声だけを聴かせるバックバンドってどういうモンなんだろ?って素朴に思う。ミュージシャンだから曲構成とか創作という意味では良いんだろうけどプレイヤー的におもしろいのかなぁ…とね。まぁ、別に本人の勝手だからいいんだけど、何かそう思うなぁ。でも、ま、面白くてそれなりに聴いてるし、しかも遠く離れた異国の日本でそんなこと言われてもしゃあないしな(笑)。



■ Ebony Ark - When the City Is Quiet

When the City Is Quiet  ジャケット、良いなぁ…。

 papini嬢のブログで紹介されていて、そうかぁ〜、そういう音なら女性歌モノだし聴いてみたいね、って思って入手♪ やっぱりイメージする音と実際に聴いてみるのとでは結構印象が異なるものだ。音楽ってのはやっぱりその人の感性によって異なる反応があって然るべきもので、それでも同じような感性の人ってのがあちこちにいることで話が盛り上がるんだけどね。

 エボニー・アークっつうスペインのバンドの2008年3月リリースのセカンドアルバム「When the City Is Quiet」ってことで、3年ほど前にファーストアルバム「デコーダー」がリリースされているらしく、そこそこの評価をされていたようだが?しかしみんなよくそんな情報入手してくるよなぁ。Burrn誌だけの功績でもないだろうから、きっと他にも色々な情報源があるに違いない。自分には全く近寄ってこない何かが…(笑)。

 それでだ、このエボニー・アークの「When the City Is Quiet」を聴いてみるんだが…、ジャケットから想像されるようなダークでゴシックな雰囲気はほとんどなくって、どっちかっつうとパワーのあるヘヴィメタにお転婆なお姉ちゃんがヒステリックに歌っているっつうか…、まぁ、ヒステリックなだけじゃないけど、美声というのではなくて、昔で言うとパーソンズのジル嬢みたいな感じかねぇ。透き通る声とかじゃなくてねちっこい声質で、その分メタル的ヘヴィなギターの音色には似合う声質…、浜田麻里とかもそうだけど、生理的に受け付けるかどうかってのがあるかもしれない。いや、このエボニー・アークのベアトリス嬢はもちっと多彩な声が出せるみたいで、ちと上品な歌い方をするものもあるんだけど、基本的にはねちっこい声。

 そしてバックの音だけど、いわゆる普通のヘヴィメタル、っつうか様式美バリバリのギターリフが中心となったサウンドでパワーは凄い。どこか昔の日本のヘヴィメタ的なエッセンスを持っているので、聴き慣れている感覚がある感じ。ピアノ曲やオーケストラ的なものもしっかりと打ち出されていて、しっかりとクラシカルな音をも出せるバンドということで、前作「デコーダー」も聴いたけど、圧倒的に飛躍的にバンドとして伸びていることは一目瞭然で、深みが出てきているかな。

 しかしまぁ長いアルバムだな…。80分フルに入ってるじゃないか…。この音で80分フルに攻め立てられたら結構キツイよな。作り手も大変だったと思うけど、聴く側も結構大変だぜよ、これは。集中力に欠けるからね。しかしお転婆娘の歌声が忙しいなぁ…。



■ Dark Moor - The Hall of the Olden Dreams

THE HALL OF THE OLDEN DREAMS 2001年にリリースされたダーク・ムーアっつうスペインのヘヴィメタルバンドの「THE HALL OF THE OLDEN DREAMS」という名作、らしい。その筋では相当の名盤らしく、何でもクサ過ぎるからということらしいが…、言葉の定義がわかってないから会話にならないんだけど、クサい=あまりにも叙情的且つ哀愁を帯びたメロディーが多い=ベタベタってトコなんだろうと思う…。まぁ、聴いていればわかるんだけどさ、歌メロとかコーラスとかこれでもかっつうくらいにメロディを付けられていて、しかもそれがやたらマイナー調でして(笑)、ギターソロとかは異常に早弾きとかなのに何か哀愁を帯びたソロで、フレーズ的にもどこかラウドネスを想い出してしまったので冒頭の話になるワケさ。

 基本的にツーバスドコドコのスピードメタルで早弾きツインギターでボーカルはなんと女性なんだが、結構太い声しているので男のハイトーンよりは綺麗な声かなという程度で、女性らしさを売りにしているワケではないのがゴシックメタルとの違い。純粋にヘヴィメタが好きだから歌うんだ〜ってな感じですな。ルックスモかなりしっかりしているらしい(笑)。こうなってくると女性ボーカルものなら良いと言うことではないと言うことにようやく気付いてくるワケでして、やはり荘厳さや美しさがある方が聴きやすくて耽美的で音楽的でいいなぁ…。

 …なのでここから先のソナタ・アークティカとかチルボドとかには進まないワケですな。そういう意味では非常にジャンルを色分けしてニッチに深い世界だけを追求するっつうか、狭い世界しか好きじゃないのかな、などと思ってしまう。う〜ん、やっぱりブルースロック好きにはこの辺はちとキツイ(笑)。ただ、このギターのメロディの良さやソロの構成なんかはキライじゃないので、なかなかハマれる。

 この「THE HALL OF THE OLDEN DREAMS」がセカンドアルバムで、次の三枚目「ゲイツ・オブ・オブリヴィオン」でボーカルのエリサが脱退、以降は男性ボーカルになるんだけど大して違和感ないらしい、っつうかゴシックじゃないから別に男の歌でも良いというか男の歌の方がそれらしいっつうか(笑)。



■ Dark Moor - Autumnal

オータムナル 先だってのフェアリーランドのゲストボーカルで出てきたダーク・ムーアのエリサ嬢だが、そういえばそのダーク・ムーアもエリサ嬢が脱退してからもう4年、4作の作品をリリースしていて、もう歴史を作りつつあるとのことで…、へぇ〜、なんて思ってアレコレ見てると昨年暮れに新作出ていたらしい。なのでそいつをちと聴いてみましょうか…と。

 「オータムナル」という作品でして、ジャケットが結構ゴシックメタル風ではあるなぁ…と思いつつ、まぁ、ボーカルも男だから…とそんなに期待もしないで聴いたんだけど、さすがに7作もリリースされているバンドなだけあって実力派です。巷で言われているように確かにラプソディの構築したシンフォニックメタルの世界に近づいているんだけど、そんだけでもなくってもちろん芯のある自分達の色を出しているバンド。あ、スペインなんだけどね。

 いやぁ〜、その辺の評判とかファン層の流れとかとは結構異なった印象を受けたアルバムですな。言い方変えると、あくまでも古くからの正統派ヘヴィメタルの継承バンドでもあるんじゃないか、と。シンフォニックさも強くなっているのは事実だし、アレンジ力も圧倒的な力量を示してくれるんだけど、何よりも昔ながらに骨のあるメタルのサウンド、ってのが良い。歌は割と変幻自在で仰々しく歌い上げるのもあるが、メタラー的に歌うのもあって面白いし、女性ボーカルやちょっとデス声もアクセントで使われている。それは作品に応じてのアクセントなので、ありだろうな、と思う範囲内で練られているな、と思う部分。そして更にこのバンド独特のクサさというのかメロディアスな旋律がしっかりと生きているところが良い。しかも軽々しくないのがね、良い。やっぱメタルやロックってのは重くないといかんのですよ、ホントは(笑)。

 さてさて、この「オータムナル」という作品の冒頭を飾るのが何と「白鳥の湖」のメタルバージョンでして、これがまた凄い。あれ?って思ったけど、サビが来るまでイマイチピンと来なかった。多分あまりにも変えられていたからなんだけど、違和感なく…っつうかこういうアレンジもありかぁ〜と唸らせる程なので、ちと面白い。前作「タロット」でもあれこれとやってたらしいけどまだ聴いてないのでノーコメント…多分同じように完成度の高いクラシックカバーだったんかな、と思うが。  そんなことでこの世界も面白いのあるなぁ…というのがわかって、ここ最近はどっぷりと浸かってみましたが…。