GOTHIC METAL(ゴシックメタル)の館

 「ロック好きの行き着く先は…」にて連載されたゴシックメタルを纏めて…

■ Within Temptation - The Unforgiving

ジ・アンフォーギヴィング ~スペシャル・エディション(初回限定盤) 随分前から話題にはなっていて、ジャケットが見れるようになってから「は?」と驚いたものだが、まぁ、きっと音はいつも通りに期待を裏切らないだろうなと思ってたのだったが、やっぱり予想以上に素晴らしいサウンドを聴かせてくれたWithin Temptationの新作「ジ・アンフォーギヴィング ~スペシャル・エディション(初回限定盤)」。アニメをモチーフにしたストーリーに沿って曲も描かれているようだが、その辺よくわからん(笑)。もともと歌詞とかにはそんなに興味が深くないのでどうしてもおざなりになってしまうんだよね…。

 2011年リリースの「ジ・アンフォーギヴィング ~スペシャル・エディション(初回限定盤)」…ってかさ、こないだの3月30日には第3子が生まれたばかりというのも凄い。思い切り妊娠中にレコーディングしたりPV撮影したりしてたワケで、まぁ、別に普通なのかもしれないけどロックシーンやミュージックシーンでは珍しいんじゃないかなぁ。オンナは強い生き物だと思ってしまう男の性。ま、それは良いとしてですね…、今回はコンセプトアルバムだそうだが、楽曲的にそういうプログレみたいな起承転結を感じることは特に無くて、そりゃかなりバリエーションに富んだ曲調をふんだんに取り揃えているんだけどさ、何と言っても捨て曲なして全てが超ハイレベルな演奏と楽曲とアレンジと力量でしてね、もうこれ以上やることないだろ、ってくらい完璧。ゴシックメタルという位置付けから出てきていたけど、早々にデス声とは縁を切り、シャロン姫の歌声と歌唱力とメロディアスなラインが映える旋律を中心としたハードなメタルに変貌しつつ、そこにヨーロッパ独特のゴージャス性なども入り込んできてかなり進化している。その傾向は3枚目の「Silent Force」あたりから顕著になってきて最高傑作「Heart of Everything」で頂点に達したとも言える。そのあたりから結構やれることがなくなってきたのか、シャロンの子作り子育てが原因なのか新作らしい動きが減ってきた。何てったって1997年にデビューして今回の「ジ・アンフォーギヴィング」でまだオリジナルアルバムは5作目なのだからかなり人生を見据えたペースで活動していることがわかる。もっともその間にはライブアルバムやオーケストラとのレコーディング、アコースティックショウなどと様々なソースでリスナーを楽しませてくれたものだが…。

 今回の「ジ・アンフォーギヴィング ~スペシャル・エディション(初回限定盤)」は正直言ってとにかく「聴け」の一言。素晴らしい。素晴らし過ぎて言う事なし。やや軽い歌メロモノのハードロックとしても聴けるので昔のゴシック的陰鬱さは一切ない。哀愁帯びたメロディととにかく突き抜けた感の強い、それでいてウルトラハイクォリティの楽曲がひたすら並ぶ。とにかくアルバムが短すぎると思うくらいにたっぷりと詰め込まれた傑作。それでいて疲れることはまるでなく、普通にどこかの街で流れていても皆聴くんじゃないか、っていうくらいに素晴らしい。こういう天使の音楽に出会えない人はあまりにも可哀想だと思える程の出来栄え。現代で多分最高のバンドかも。ベタ褒めなアイテムです♪

The Unforgiving - Within Temptation The Unforgiving


■ Within Temptation - An Acoustic Night at the Theatre

 歌の上手い女性が歌い上げるメタル…、それに歌の上手いメタルシンガーが歌うポップス…、まぁ、どっちにしても歌ってのは上手い人が歌えば何でも上手く聞こえるんだけどさ。中でもゴシックメタル界を牽引しているバンドのひとつであるキャリアの長いウィズイン・テンプテーションのシャロン嬢…嬢っつうかもう女王だろうな。年齢的には(笑)。そんなキャリアを誇るウィズイン・テンプテーションも2009年にまたしてもライブアルバムをリリース。

アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター Within Temptation - An Acoustic Night At the Theatre - Live In Eindhoven 2008An Acoustic Night At the Theatre - Live In Eindhoven 2008 Within Temptation - Black Symphony (Audio Version) Black Symphony  

アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター」ってなモンでして、その前の作品も壮大なる「ブラック・シンフォニー」というフルオーケストラライブでDVDまで同時にリリースした気合いの入ったライブ盤だったのと比べると今度はアコースティックで静かな世界を紡ぎ出すことに成功したライブアルバム。もっとも「ブラック・シンフォニー」の方でも一部そういう試みを行っていたのでその延長線上だろうとは思うのだが、以前からシングルのボーナストラックなどでアコースティックな試みはよく発表していたので特に驚くようなアレンジなどではないが、それもまた楽曲とメロディラインがしっかりしたウィズイン・テンプテーション独特の個性による成果だろう。

 収録曲はどれもこれも聴き慣れた名曲群ばかりで、「Ice Queen」が外れているのはようやく「Ice Queen」の呪縛から抜けられたというところか。それにしても勝手知ったる曲ばかりなのに美しくて素晴らしいのは楽曲の勝利。まぁ、正直言ってアコースティックなアレンジだからと言って曲の印象が無茶苦茶変わるというものではないくらいのレベルの高さなのだが、演奏する側にしてみれば大いに変化があるところなのだろう。全くこれほど秀逸な音楽を創り上げるウィズイン・テンプテーションって凄いわ。アレンジにしてもやはりヨーロッパ的センスをしっかりと打ち出して安易なアレンジなんかはまずないしね。

 シャロンって確かギターの人と結婚してこないだまでは1児の母だったがこれだけ活動停止しているところを見ると2番目の子供でも産んでいるトコロなのだろうか?「アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター」の最後には新曲「Utopia」が収録されているけど、このPV見る限りは普通なんだよな。まあ、女性シンガーってのは生活とのバランスも大変だろうなぁ…と思うし、世の中の女性シンガー達は彼女の生き方っつうのも参考にしているんだと思う。そろそろ次なるスタジオアルバムを聴きたいトコロだが、当面は「アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター」と「ブラック・シンフォニー」のライブ盤で満足してDVDで艶姿を堪能するしかないか。


■ Within Temptaion - Black Symphony

Black Symphonyロックバンドが生のオーケストラと共演するライブってのは古くから実践されていて、プロコル・ハルムやディープ・パープルってのからず〜っとあるし、メタリカですらそんなのをやってたりするので別に珍しいものでもない。ただ、ヨーロッパのクラシカルなバンドがこういった試みを行うってのはなかなか興味深くて、例えばルネッサンスがオーケストラと共演したってのはやっぱそれなりに荘厳な雰囲気だし、クラシックに影響を受けたバンドがオーケストラと共演するのは聴き所があるものだ。

 ウィズイン・テンプテーションのついこないだリリースされた新作「Black Symphony」は正にそんな代表的なライブで、地元アムステルダムのオーケストラと共演した壮大なるライブの模様を記録したアルバム。基本的にCDは二枚組でライブ全編を収録、おまけに、というかDVD一枚にライブ丸ごと収録していて、更におまけの映像が多々付けられている三枚組のパッケージが国内盤の基本。ただ、ヨーロッパ盤だと更におまけのDVDが付いてくるというものもあり、せっかくなので個人輸入でそれをゲットして都合2DVD+2CDで20ポンド未満という格安のプライスも驚く。更に素晴らしいのは早速ブルーレイディスクバージョンもリリースしているという、正に時代の先端を走るバンドらしいリリースの取り組みが見事。DVD二枚も付いているとそれだけで350分あるんだからたっぷり見れるっつうのも良い。そこまでじっくりとなかなか見れないぜよ。あ、ちなみにPAL形式なので普通のメジャーなDVDプレイヤーでは見れないのでご注意を。

 さてライブの方だが、もう演奏云々とかシャロン嬢の歌声云々は語る必要のないくらいに素晴らしいもので、正に完璧な美と演奏を聴かせてくれてるし、オーケストラとのマッチングやピアノと歌とのセットなど究極の美を追究したショウになっているのでたっぷりと浸りまくれる作品です。衣装も素晴らしくゴージャスだし、ゲスト陣を迎えてのセッションもアクセントになっているけど、やっぱウィズイン・テンプテーションというバンドの完成度の高さは何物にも代え難いレベルを維持してるね。今が最高に熟しているって感じだもん。

 ちょっと前に最新スタジオアルバム「ザ・ハート・オヴ・エヴリシング」のDVD付きってのがリリースされて、それは昨年の日本公演のライブDVDを付けたものなんだけど、その時点で既にセット的な完成度は仕上がっていた感じもするから、今回の「Black Symphony」ではより一層磨きを掛けたライブってとこかな。一気に見て聴いて楽しんでしまう彼等のひとつの金字塔であることは間違いなし。楽曲のレベルの高さとオーケストレーションとの合体による効果、ステージングでの効果など文句なしの傑作。



■ Within Temptaion - The Heart Of Everything

ザ・ハート・オヴ・エヴリシング ̄スペシャル・エディション(CD+DVD) なんだかんだと言いながらも美しく妖しくハードな世界を求めるとウイズイン・テンプテーションに戻ってくるのかねぇ(笑)。いや、そんなことはないんだろうけど、先日アルバム「ザ・ハート・オヴ・エヴリシング」が再リリースされたのでちと入手してみて見てたのでそんなこと思った。やっぱり圧倒的に心地良いもんなぁ、と。しかし最近のアルバムリリースって反則だよな。新作出ましたって時は普通にアルバム曲しか入ってないワケで、日本盤だとせいぜい数曲、先行シングルB面曲とかがボーナストラックで入っていて、それでもお得と思って入手するんだけど、ここ最近はその後来日公演とかしたり、どこかのライブなんかをボーナスディスクとしてディスク2に入れて再リリースするという手法が用いられていてさ。ウイズイン・テンプテーションの今回の「ザ・ハート・オヴ・エヴリシング」にしても昨年リリースされているけどそれに合わせた来日公演の模様をDVDで収録して再リリースっつう…。いや、自分は安い英国盤を入手したんだけど(笑)。あ、ちなみに英国盤はPAL形式リージョン0なので一般的な国内DVDプレーヤーでは再生しないんだろうな、と思いますが、最近はもっぱらMacでしか再生していないので問題なし(笑)。

 2007年リリースの美しくも素晴らしい作品で、多分この「ザ・ハート・オヴ・エヴリシング」と前作「ザ・サイレント・フォース」は歴史的名盤になるだろうと思う。今後どういう作品をリリースしてくるかわからないけど、このクオリティを維持、もしくは超えるってのは難しいだろうなぁと。何せ捨て曲なしで、どれもこれもが心地良くそして気持ち良くさせてくれるもので、彼等の才能の豊かさには驚かされるばかり。今回のDVD付きスペシャルエディションにはアコースティックのライブ=生ピアノでのライブ演奏も加えられているんだけど、これはまたシャロン嬢が歌い方とキーを変えて歌っていて新鮮だしね。それよりもアルバム本編の曲は最初から最後まで口ずさみやすく、そしてロック的で重い部分もあるしメロディアスでもある。それでいて クラシカルな旋律を奏でているし、歌声は何かを突き抜けるような勢いで迫ってきて歌を聴くというよりは歌に溶け込まされるというような感触。自分だけかもしれないが音と一体化できる歌なんだよね。

 それでDVDの方だが、残念ながら自分はこのライブには参加できなかったので期待満々で見たのだが、まずは最初からDVDでリリースすることを想定していなかったのかハンディカメラレベルの画質と動画サイズなので少々画面が粗かったり暗かったり録画技術もいまいち問題あるだろうっていうくらいの代物だけど生々しいライブ感はその分よく反映されていて、これが普段のウイズイン・テンプテーションなんだよっていう姿がよく映し出されているんだと思う。だからこそ彼等もリリースをよしとしたんだろうけどね。作られていない生のウイズイン・テンプテーションってことで。いやぁ、ライブでも全く変わらないシャロン嬢の歌声に、バンドのメンバーの息の合い方も見事なもので、結構シンプルな楽器構成なのにあれだけ壮大なオーケストレーションってできちゃうもんなんだな。今の時代の楽器は凄い。そしてステージ後方には壮大な街並みの景色と中央部では照明でアクセント的に情景が映し出されるというセットでしっかりと雰囲気的にもゴシックしているという、DVD化された中では初めて見た最新ツアーの模様でよろしい。選曲は「「ザ・ハート・オヴ・エヴリシング」からの曲を中心にセレクトしてあるけど終盤は名曲の嵐で感動のフィナーレ。「アリガトウ」を連呼するシャロンとバンドの様子からすると相当日本でのライブは嬉しかったような印象だ。

 近いうちにまた来日公演してくれないかねぇ。こんだけの大柄な美女が歌う姿ってやっぱ見てみたいし、生での迫力も体感したいしね。夏フェスじゃなくて単独来日を願うところ。



■ Within Temptaion - The Silent Force

ザ・サイレント・フォース(DVD付)  女性ボーカルで高音域がかなりしっかりしていてバックの演奏がヨーロッパ的で、歌メロがある程度キャッチーだったりすると概ねアニー・ハスラムを彷彿させる、と言われることが多い。もっともその領域でそのまま居座り続けられた人ってのは少ないもんなんだけどね。一方アメリカではこのようなサウンドにヘヴィメタルの要素を加えたものをゴシックメタルと呼び、ひとつのジャンルとして確立されている。これはもちろんヨーロッパに顕著なジャンルだったものだがアメリカに上陸してエヴァネッセンスが売れてきた瞬間に一気にメジャーブレイクしたものだ。もともとはヨーロッパのもんだからねぇ…。とは言え、その波を受けてヨーロッパのバンドが世界から脚光を浴び始めたのも事実。

 オランダはアムステルダムから飛び出してきた正にゴシック調のメタルバンド…っつってもかなりポップな路線はあるし、もちろんストリングスやら入っているのでしっかりとしたユーロピアンメタルバンド、しかもシャロンと言う実に美しい女性がフロントのボーカルを占めているのでバンド的に華もあるので、Nightwishと比較されることも多いらしい。そして何と言ってもヨーロッパではかなりの人気を博しているバンドで、今更ってのもあるが…。この辺マニアじゃないのでなかなか知らないこと多いっす(笑)。

 で、そのWithin Temptation、現在ミニアルバムを含めてアルバムが5作リリースされているのかな。ついこないだ新作「The Heart of Everything」がリリースされて、そのプロモーションで日本に上陸して東京と大阪でライブを行ったばかり。更にインストアイベントまでもおこなって帰ったらしい。う〜ん、都合が合えば見に行ったんだけど難しかったんで行けなかったなぁ、残念。いつだって美女に会いに行くのは大歓迎なのだが。

 せっかくだから「ザ・サイレント・フォースDVD」を見てその美しさと迫力、そして壮大なステージングを体感してもらいたいなぁと思うバンド。衣装替えも当然なんだけどドレスでのステージはかなりインパクトあるし、なんか神々しく見えてしまうよね。アルバムでは「ザ・サイレント・フォース」がリリースされた時のツアーからのライブ、しかも地元オランダのジャワ島でのライブなので盛り上がりも実に素晴らしいし、そして何よりも一皮も二皮も剥けた「ザ・サイレント・フォース」のライブなのでもう圧巻。この「ザ・サイレント・フォース」という作品、過去のWithin Temptationの作品からの延長ではあるけど、相当洗練されていて今のところ最高傑作じゃないかと思うくらいのレベルの高さ。歌はクリスタルボイスというよりも声量とハイトーンを駆使した力強いもので、バックもしっかりとピアノやストリングスで彩られた繊細さをしっかりと持っているもので、そしてエヴァネッセンスみたいなキメの多い歪んだサウンドが被さってくるというものだけど、何せメロディラインがしっかりしているからうるさく感じるというよりはセンス良くアレンジが施されている、っていう感じだね。決してゴシックメタルバンドのひとつとして語られるだけのレベルではなく、世界を制してもおかしくなアレンジと演奏力。

 最新アルバム「The Heart of Everything」も同様の路線だけどもちっとゆとりが出てきたアルバムって感じかな。うん、これも結構好きだね。意外?う〜ん、確かに最近知ったバンドなんでね(笑)。ちなみにこのWithin Temptationというバンド、デビューしたのは1996年っつうからもう10年以上前なんだね。結構キャリアが長いバンド。うん、かなり面白くて最近のお気に入りっす♪



■ Delain - April Rain

エイプリル・レイン 結局良質なバンドってそうそうたくさんは出てこないんだよな…、もちろん才能ありきだししかもそれが何人かいなけりゃバンドとしては成り立たないワケで、そうするとなかなか残っていくべきバンドってのも実は少ないんだろう。それはもちろん歴史が証明していて、昔のB級バンドってのは結局ほんの一握りの才能しか出せなかったってのも多いし、しかも才能があってもどの時期に枯れるか、ってのもあるしなぁ…。音楽の世界はやっぱロック好きなだけじゃ無理なんだろう…。しかし、それでも聴いている側が面白いと感じればそれでもいいか、ってのもある(笑)。

Delain - April Rain エイプリル・レイン Delain - Lucidity ルシディティ

 Delainっつうバンドの二作目「エイプリル・レイン」が春先にリリースされたばかりでして、うん、ゴシックメタルの世界で数少ない才能あるバンドのひとつになるのではないかと。元々Within Temptationの鍵盤奏者さん=現Within Temptationのギタリストさんの兄貴=シャロンさんの義兄さんが病気でバンドを抜けたけど、復帰しましたってことでセッション的なファーストアルバム「ルシディティ」をリリースしたんだけど、その時に知り合ったシャーロット嬢の歌声に痺れてしまって、以来パーマネントバンドとして活動していたのが、ここでリリース。まぁ、前歴が前歴だから才能に問題はないんだろうけどさ、この「エイプリル・レイン」っつう作品がこれまたハイクォリティなんですわ。やっぱきちんとクラシックや音楽を学んでいる人ってのはよく作ることを知っているってなモンで、そこにロック要素もしっかりと持ち込んでるから、そういう前歴に拘らなくてもかなり良質なバンドってことは聴けばわかるでしょ。

 メタルっつってもさ、リフでガシガシっていうんじゃなくってフォーク調に弾いているギターを歪ませているだけって感じなので、あんまりメタリックには聞こえないんだよ。いや、メタルなんだけど(笑)。あとね、ドンシャリ系に近い音だから耳に付く音域でヘヴィなギターが攻めてこないってのもあるが…、まぁ、そういう話は置いといて、シャーロット嬢の歌がこれまた綺麗というか華麗というか…、よろしいですよ、大変に。そこに4曲目の「Delain - April Rain - Control the Storm Control The Storm」や最後の「Nothing Left」なんて曲ではナイトウィッシュのマルコ・ヒエタラ氏が野獣ボーカルで絡んできてくれるので気合いが入るってもんです。楽曲も結構ナイトウィッシュ的要素入ってるしねぇ…。あそこまでパワーメタルじゃなくってポップスに近い方だけど、やっぱりヨーロッパですよねぇ〜。あ、ちなみにオランダのバンドなので、またひとつオランダのメタル帝国が制圧してきているな(笑)。

 ホントにこれはちょっとひと味もふた味も違うバンドの出現。この手のバンドが好きな人だけじゃなくて普通にちょっとハードなロック好きな人ならしっかりと聴けてしまうくらい害のないバンドなのでお薦めですな。



■ Delain - Lucidity

ルシディティ(ロードレイジ2009) ちょっと前に少しだけマジメに今の時代に於けるヘヴィメタルというカテゴリーを読んでみた。もちろんそんな時はWikipediaが一番まとまっていて簡単に分かるんだけど、あちこちのサイトでもこの深く細分化してしまったジャンルを体系化していたりバンド名を記載してあったりするのでわかりやすく、そして深かった…っつうか細かく分かれすぎ。まぁ、それで色々な呼び名をようやく整理できて、そういうカテゴライズなんだな…と。メロスピやらデス云々とか色々な呼称があって、説明書きを読んでいるとそうかそうか、と。簡単に言えば昔色々な音楽があって、それらのジャンルの全てにヘヴィメタ的ギターリフと重いリズムを重ねたものがなんとかメタルってな具合になっているのだな。故に訳の分からないフォークメタルなんてのもあるのだよ。フォークのメタルって??って感じだけど(笑)。

 まぁ、そんなお勉強はともかく、相変わらず漁りまくっているとふと面白いものに出会えた。Delainというオランダ産のバンドなんだけど…、まぁ、純粋なオランダ産ではないのかもしれないが、Within Temptationの元鍵盤奏者が組み上げたバンドで、もうじき新作「エイプリル・レイン」が出るらしいのでそれも楽しみだけど2006年にリリースされた「ルシディティ」というアルバムを…。その鍵盤奏者のプロジェクト的アルバムとしての側面が強かったらしいけど、素晴らしい女性ボーカリストに出会ったために試行錯誤しながらバンドを組んでいったというものアルバムリリース時点ではまだメンバー確定していなかったようだけど。んで、その女性歌手のシャルロット嬢は透明感溢れる上手い人で、割と情感もあるのでしっかりとハマっていてよろしい。曲調はもちろん元Within Temptationなのでそういう音です。だから聴きやすいし、メロディもしっかりしているし、雰囲気もしっかり出ているので文句なし。

 そして自分的に一番驚いたのはゲストボーカル陣による共演。Within Temptationのシャロン嬢が参加しているんだけど、なんと共演している男性ボーカリストはナイトウィッシュのマルコ・ヒエタラさん。驚くべき共演じゃないか、これ?こんなところでひっそりと実現していた夢の共演♪ まぁ、あんまりマルコさんは目立たない感じだけど、それにしても凄い…と。その次の曲ではなんと元Theatre of Tragedyのリブ・クリスティーン嬢がシャルロット嬢と共演、どちらも透き通る声なので似合っているけど、やっぱりリブ嬢の方が透明度が高い。そんな面白い共演がいくつか聴けて、更に良質なソフトゴシックメタルで包まれたこの「ルシディティ」はメジャーではないだろうけど、かなり良い。この鍵盤奏者のマタインってWithin Temptationのギタリストのロバート君の実の兄弟らしいので、文字通り兄弟バンド。更にロバート君はシャロン姫の旦那さんなワケで…、いやいや、深いです(笑)。

 そしてYouTube見てるとあちこちのライブでシャロン嬢はDelainのライブに飛び入り参加して歌っているらしくて、かなり親密な関係なのも面白いね。